母子手当を活用する

母子手当を活用する

一人親世帯を助ける母子家庭手当には児童扶養手当が用意されています。母子家庭の児童の日々の生活の安定を助けてくれる制度で、現在住んでいる市町村の窓口で届けることで受け取れます。普通は月額40000円ほどをもらえますが、届けないと受け取れないため、申請していないときは、しっかり申し出るようにしましょう。子どもが十八歳の誕生日を迎えてつぎの3/31まで受給することができて、児童手当などと同じく子供に払われる補助金になります。生活をしていくために、子供の状況を整える支援金です。

別居していて事実上は片親のような生活なのだが、どうしても協議離婚の了解をもらえないというケースは少なくありません。離婚裁判はしたくないけれど、離婚についてはすぐにもしたいといった人は離婚調停を申し込むのが通常です。家庭裁判所で第三者の調停員と離婚の事を検討するという事で、1000円強にて行うことができます。それらのときに離婚の理由が相手の浮気なのであれば、探偵事務所を手配してその証しをつかむと有利に交渉できます。
 

母子手当をもらう
児童扶養手当と呼ばれる母子手当をもらうには市町村役場の窓口で申請する必要があります。母子家庭のシングルマザーの方は申請しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

母子手当を活用する
一人親世帯を助ける母子家庭手当には児童扶養手当が用意されています。母子家庭の児童の日々の生活の安定を助けてくれる制度で、現在住んでいる市町村の窓口で届けることで受け取れます。普通は月額40000円ほど... 母子手当を活用するの続きを読む>
おまとめローンと返済金額
おまとめローンを利用すると、現在複数あるローンを一本化して返済窓口を一つにして、なおかつ月々の返済額を減額することができるといったメリットがあります。 この月々の返済額がいくらになるかということは、... おまとめローンと返済金額の続きを読む>
おまとめローンと金利の考え方
おまとめローンの利用では、今までの借入れについての返済の金利を下げることを一つの大きな目的としています。 ほかにも、複数の金融機関からの借入れを一つにまとめて返済金額や返済日を把握しやすくし、気持ち... おまとめローンと金利の考え方の続きを読む>