債務整理はどこからがアウトか

債務整理はどこからがアウトか

では、金融のブラックリストに記載されて借入ができなくなってしまうのはどこからなのでしょうか。債務整理の方法には、小さなものから自己破産のような大きなものまで複数存在しますが、債務整理についてはどこからがアウトなのか考えていきましょう。
まず、債務整理にも任意整理と呼ばれる任意のものから、裁判所をとおしておこなわれる自己破産などのようなものまでがあります。任意整理は、弁護士を通してその金融と個人的に話し合いをして決める債務整理ですので、こちらはブラックリストに載る可能性が低いものとなります。そもそも任意整理は、貸金業法の改正によって金利を過払いしていた場合などに任意の相談で過払い額を返還してもらい、返済額の一部に当てる方法ですので、公的な手続きは一切おこなっていません。だからといって金融リストに載らないとは、実際に債務整理をしたことがないので言い切れませんが、貸金業者にとっても法外ないわゆるグレーゾーンの金利で貸し付けをおこなっていた場合、それがおおやけになれば不都合ですし、リストへの影響は低いと考えていいのではないかと思います。現に、裁判所などの手続きを通さずに任意で交渉できるのがその大きな理由です。
しかし、民事再生や自己破産などの裁判所を通しておこなわれる債務整理に関しては、金融リストに記載されることとなります。このリストに記載される情報の機関は、だいたい5から7年ほどと言われていますので、その間は、各貸金業者から借入をすることができなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

おまとめローンの必要書類
おまとめローンを利用したい金融機関へ申込書を提出すると、次に、必要書類の提出も求められます。 必要書類は金融機関によっていろいろ異なっています。しかし、基本的には身分を証明する書類や収入を証明する書... おまとめローンの必要書類の続きを読む>
おまとめローンによる生活の安定
おまとめローンを利用することで、生活の安定ももたらされます。生活の安定は、経済的な安定というばかりでなく、気持ちの安定も示します。 おまとめローンを利用することで、それまでいつも返済に追われているよ... おまとめローンによる生活の安定の続きを読む>
おまとめローンによるローン一本化
おまとめローンのメリットの一つとして、たくさんあって煩わしかったローンの返済を一つにまとめることができ、支払いが楽になるということがあります。 借入れ先がたくさんあると返済時期もばらばらで、1カ月の... おまとめローンによるローン一本化の続きを読む>