おまとめローンと返済金額

おまとめローンと返済金額

おまとめローンを利用すると、現在複数あるローンを一本化して返済窓口を一つにして、なおかつ月々の返済額を減額することができるといったメリットがあります。
この月々の返済額がいくらになるかということは、おまとめローンを使ってローン返済の負担を減らす意味では、最も重要になるかもしれません。
早く完済したいと思うあまりに無理な返済額にしてしまうと、せっかくおまとめローンで一本化したメリットがなくなり、逆効果に働いてしまうこともあるのです。
おまとめローンにまとめたときの月々の返済額は、自分の収入に見合った金額で設定していくというのがベストです。
会社員のように月々に入ってくるお金が決まっている場合に限らず、月々の平均収入を計算してみて、それに合った金額で設定するのです。
ボーナスで割増返済なども考えたいところですが、ボーナスはそのときの経済状況で変わってくる可能性もあるので、基本的には避けたほうが無難といえます。
あくまで月々の収入から均等に返済額を決めて、もし、ボーナスが入ってきて余裕があるならば、そのときに繰り上げ返済という形をとるといいでしょう。
繰り上げ返済を行うと、元金も減らすことができるので、返済を早めるのにたいへん効果的になります。
おまとめローンの返済では、借入れ残額は金利によって計算されるので、繰り上げ返済をすれば、まず総支払い額を減らすことができます。また、そのことで完済も早めてくれるので、たいへん重要なポイントになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

母子手当を活用する
一人親世帯を助ける母子家庭手当には児童扶養手当が用意されています。母子家庭の児童の日々の生活の安定を助けてくれる制度で、現在住んでいる市町村の窓口で届けることで受け取れます。普通は月額40000円ほど... 母子手当を活用するの続きを読む>
おまとめローンと返済金額
おまとめローンを利用すると、現在複数あるローンを一本化して返済窓口を一つにして、なおかつ月々の返済額を減額することができるといったメリットがあります。 この月々の返済額がいくらになるかということは、... おまとめローンと返済金額の続きを読む>
おまとめローンと金利の考え方
おまとめローンの利用では、今までの借入れについての返済の金利を下げることを一つの大きな目的としています。 ほかにも、複数の金融機関からの借入れを一つにまとめて返済金額や返済日を把握しやすくし、気持ち... おまとめローンと金利の考え方の続きを読む>